topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術から、1年の記録 - 2011.04.21 Thu

DSCN3857-.jpg
2010.4.19
手術前日

DSCN3881-00.jpg
2010.4.24
帰ってきた!

DSCN4111.jpg
2010.4~2010.5
抜糸してギプスをはずすも、足がつけない・・・

DSC_0342-00.jpg
2010.5
ギプスで再固定
包帯をビリッビリにしてしまうため靴下をはかせられる
でもスキを見てはビリッビリにするので 数日に1回は包帯を交換してもらいに獣医さんに通う

DSC_038700.jpg
2010.5
再固定から2~3週間ほどで、ギプスをはずす
足をつけるようになった

DSC_0418.jpg
2010.6
お散歩解禁!
でもまだまだ不安定

DSC_0021-000.jpg
2010.6
歩く姿に違和感がなくなってくる
まだ足を浮かすこともおおい

DSC_0440.jpg
2010.8
もう見た目では足に違和感を感じない
毛も生えそろってくる
筋肉をたくさんつけてくださいと言われて頑張って歩く

DSC_0536-00.jpg
2010.11
このころになると、足を浮かせることがすっかりなくなる

DSC_026600.jpg
2011.1
雪遊びはおいしい
あまりの寒さにちょっと散歩をさぼる・・・(多分獣医さんにはバレてた)



110305_171720.jpg

DSC_0592-00.jpg

DSC_0627-00.jpg
2011.3~4
お散歩を頑張り直す
もう少し太ってもいいといわれたので少しだけ増量する

もうすっかり、見た目も歩き方も普通になる。

うれしい。

そして現在に続く。


・・・こうしておおまかに振りかえってみると、1年ってすぐだったんだなと思います


書こうと思うと書ききれないほど、大変だったことが色々あったけれど・・・

今、おはぎが元気に4本足で歩きまわっていられるということ。
私たちにはそれだけで、もう十分すぎるほどです(^^*)


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

1年が経って - 2011.04.20 Wed

月一ブログになってしまっていますが、おはぎは今日も元気に過ごしています。

DSC_0526-0.jpg

今日4月20日で、おはぎが右後ろ足の膝蓋骨脱臼の手術をしてからちょうど1年が経過しました。


1年前の今日・・・
病院へ向かう途中、いつもと違う様子で必死に鳴くおはぎについ泣いてしまったのを、覚えています。

長い手術になりましたが、
手術が無事成功して、麻酔から覚めたところです。との連絡があったり

夜8時前には ご飯もしっかり食べました、との連絡もあったりで、とても安心したことを覚えています。

先生は、「術後の痛みで食べられない子も多いんですが、ちゃんと食べられましたよ」と言っていて
大変な思いしているのにしっかりご飯は食べるなんて、なんておはぎらしいのかと家族で泣き笑いしていました!

DSC_0525-00.jpg


ただ、あとでわかった話なのですが

おはぎはカンヅメのご飯を少し食べて残していたそうなのですが、
先生(ちょっとコワくて厳しい)がニッコリしながら

「もう食べないの?もういいのかい?って言ってお皿を下げようとしたら、全部食べましたよ^^」

・・・とおしえてくれました。


この日以来わが家では、
[ちょっとコワくて厳しい先生、でも動物にはやさしめ]が
[ちょっとコワくて厳しい先生、しかし動物には超やさしい]
にクラスチェンジしたという、わが家的には重要な話でした・・・!

見えないところでも、預かっている子たちに話しかけてくれて大切にしてくれてるんだな、とうれしく思ったのも忘れられません。

DSC_0292-000.jpg


そのあとは残念なことに経過が思わしくなく「再手術」の言葉がちらついたり
ギプスをもう1度つけることになったり、お散歩がなかなか解禁にならなかったり

今思えば切羽詰まった状況がしばらく続いたのですが

それでも全く悲観せずに経過を見てこられたのは、
おはぎはまるで気にしていないように明るく過ごしてくれていたからなんだと改めて思います。
たくさんストレスあったはずなのにね・・・(T-T)


DSC_0324-00.jpg


膝蓋骨脱臼は完治する病気ではないし、今は大丈夫な左足もいずれ悪くなってしまう可能性もあります。
でもおはぎが今こんなに元気なのに悲観なんてしていたらもったいないし、
これからもおはぎにとって良い方向へいけるよう、飼い主たちもがんばっていきたいと思います!

DSC_0558-00.jpg


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

原因はなに? - 2010.09.21 Tue

土曜日には獣医さんに行って、足の様子と前回書いた口元について診てもらってきました。

足については、
「これからも毎日しっかり歩いて、よい運動をしてよい筋肉をつけていってください」とのことでした!

なかなか「可もなく不可もなく」的な状態からは抜け出せませんが、

それでも一時期、再手術が必要かもしれない
と言われ右足をつくこともできなかった頃のことを考えれば
今、4本足でしっかり歩くおはぎを見られるのはとっても幸せなことです。

膝蓋骨脱臼の手術をしてから、昨日でちょうど5ヶ月が経ちました。
ここまで大変なようで、でもあっという間に過ぎてしまいました。
これからも少しずつ進んでいけるよう、頑張っていきたいと思います!

DSC_0861.jpg

心配だった口元の赤みについては、顕微鏡で検査をしたところ、
「たしかに少し炎症は起こしているけれど
薬で治療する段階ではまだないと思うし、注意しながら少し様子を見ましょう」

とのことで、少し様子を見ようということになったのですが・・・。

0907.jpg


0918.jpg

↑この日に病院へ行き、様子を見ることになりました

0920.jpg


でもその2日後に、3枚目黄色い○のなか
赤くニキビのようなものがプツプツといくつかできてしまいました。

うーん、何が原因なのか・・・
フードや器を変えたりはしていないし、とっても謎です。

水やフードがついたままになってかぶれたりしたのかも、とも言われましたが
どうしても心配なので、もう1度病院かなあ。

DSC_0581.jpg
(車はちょっと嫌い)

そしておはぎは

注射をされてもおしりで体温を測られても、
口元を麺棒やスライドグラスでぺたぺたとされても、

病院が大好きなようです。

変ですね(笑)

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

待ちに待った日 - 2010.06.12 Sat

こんばんは、おはぎは今日も元気です。

ちょうど1か月くらいの間、色々なことがあってブログの更新ができませんでしたが、
今日からまた少しずつ更新していきたいと思います。


理由は・・・

DSC_0418.jpg

おはぎのお散歩の解禁です!

まだほんの少ししか歩けませんが、ひたすらにうれしいです!

おはぎも、大喜びです。

DSC_0414.jpg

DSC_0426.jpg


まだ手術した足を浮かすことも多いけど、
ちゃんと4本足で歩けています。感動です。


おはぎが、膝蓋骨脱臼の手術を受けてからの経過があまり良くなく
4本足で歩くことができず、ギプスで固定して様子を見ることになった

と書いてからブログから離れていましたが、

その時のおはぎの足はとっても不安定で、
膝蓋骨が外側にカクッと脱臼してしまい、外側の靭帯が伸びかけている状態でした。

DSC_0383.jpg

内方脱臼は手術で抑えられても
反対側に脱臼してしまうようになってしまえば 意味がなくなってしまうし、

獣医さんからも
「もしこのままならば、また手術して調整してあげなければ無いかも」と言われてしまうし、


おはぎはとっても元気でも、ずっとずっと「再手術」という言葉が頭から離れず、
落ち込んだまましんみりとブログに書く気にもなれず、
気がつけば1か月も経っていました。


DSC_0365.jpg


でも今日レントゲンや触診も含めて獣医さんに診てもらったところ、
「だいぶ良くなってきている。今すぐの再手術も必要ないし、お散歩もはじめてよいです」と言ってくれました。

本当に安心しました。
長期間ギプスで固定をしたことで、足の状態は安定してくれたようです。うれしいです。

何よりやっと、おはぎの大好きなお散歩へ行くことができます。



ここまで本当にいい子で頑張ってくれたおはぎに、まずありがとうを言いたいです。

そしておはぎを励ましてくださった方々、本当にありがとうございました。

これからもまた、がんばっていきたいとおもいます。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

抜糸・記録 - 2010.05.03 Mon

なかなかちゃんと写真を撮れないのですが
1日土曜日はおはぎのお腹の抜糸と、足のギプスを取る日でした

包帯を解いたり抜糸されている間、
キャンともガルルともキューとも言わずひたすら無言で処置されて、

結局病院に入ってから出てくるまで一言も鳴きも、暴れもしなかったおはぎさん。
驚くほど偉かったです。
(きれいなおねえさん先生が保定してくれていたから、かもしれませんが!)


そしてギプスが取れた右後ろ足は、
当然ですがまるがりです。そしてわかってはいたけど細い!

獣医さんも「骨が細かった」と言っていたし、もともと華奢な方なのかもしれませんが
見慣れない足のがりがりっぷりにびっくりです。

hh.jpg


傷の方も、まだ糸も残ってるしものすごく生々しいです。
早く毛がはえてきますように!



そして、傷の経過は悪くないようなんですが
膝に水(関節液というそうです)がたまった状態になっているそうで
様子を見て抜かなければないかも、とのことでした。


その影響なのか、傷の痛みからなのかはわかりませんが
人から離れるのが不安なようで、朝から晩まで人のすぐそばでずーっと寝ています。


人間でも膝に水がたまるのはとってもつらいと聞くのに、
おはぎはどれだけ我慢してるのかと思うと正直胸が苦しいですが

飼い主が不安になったら絶対おはぎに伝わってしまうし、
おはぎには少しでも安心していてもらいたいので、気合入れていこうと思います!

DSCN4014.jpg


このままいけば おはぎの誕生日当日あたりが抜糸の日になりそうですが
どうなるかな~


0503.jpg


おはぎにとってのはじめての誕生日が
万全な体調で、とはいかないのが少し残念ですが

幸い食欲はたっぷりあるので
おはぎの好きなもので、ささやかなごちそうを作ったりして祝おうと思っています。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

リツ

Author:リツ
飼い主。極度の親ばか。
ブログ開設時は見事にニートでしたが
何年か遅れで、無事大学生になります(._.)

おはぎ:パピヨン♀
2009年5月6日生まれ
2009年7月11日に我が家へ。
2013年4月、飼い主と一緒にお引越し。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
おはぎ日記 (40)
おはぎの健康 (5)
しつけ教室 (2)
その他 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。