topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝蓋骨脱臼のこと - 2010.02.22 Mon

おはぎは生後6カ月頃に、右後ろ足をあげて痛がるので病院へ行ったところ
「膝蓋骨脱臼」と診断されました。

ただ、その病院では
「適度な運動で筋肉をつけ、体重管理で様子を見ましょう」という診断で、

おはぎはそれ以降痛がったり、足を上げたりすることはなかったので
今まで様子を見てきたのですが


DSCN1324.jpg


今回、避妊手術の相談と足のセカンドオピニオン
ということで別の病院へ行ったところ、

「右後ろ足はかなりひどくグレード3」であり、
「このまま放置すると靭帯や反対の足にも負担がかかるので、早い手術が必要」
との診断でした。


レントゲンを見ても「軟骨はすりへっているし、骨に変形もみられる」
と言われてしまいました。


DSCN0912.jpg


おはぎの場合足をひきずってあるくこともなかったし、
跛行(足を上げてケンケンと歩く)したことは本当に初期に数回だけでした。


気づけなかったのは本当に申し訳ないですが
後悔ばかりしても前には進まないので
これからどうするか、しっかり前を向いていきたいと思います


DSCN2138.jpg


希望するなら専門医を紹介する、とも言ってくれましたが
今の季節、片道で5~6時間はかかってしまう場所。
移動だけで負担はかなり大きそうです・・・


近日中にもう1件、知り合いの方のワンちゃんが
膝蓋骨脱臼で手術をしてもらった、
という病院へも行ってみるつもりなので
そのことは後でまた家族で考えてみようと思います。


DSCN7661.jpg


ただ、当のおはぎは今日も元気です。元気すぎて、
台の上から転がり落ちたみかんをくわえて走り回ったりしております。


とにかく、おはぎのために良い方向に進めるよう、家族みんなで頑張っていきます


すっかり長くなってしまいましたが、
文章にすることは気持ちの整理にもいいな~と思うので
これからも経過は記録していきたいと思います。

でも長い文章書くのがとんでもなく苦手なので
これからは要点だけ書くことにします・・・


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

● COMMENT ●

おはぎちゃん、心配ですね。
小型犬にはつきものの病気ではありますが
いざとなると、なかなか人間側の心の準備が伴わないですよね・・・
無事に全快されることをお祈り申し上げます。

コメントありがとうございます


ココアパパさん

返信とっても遅くなってしまってごめんなさい!

励ましていただけて嬉しいです!
手術、となるとやっぱり心配ですし不安ですが、
おはぎは今日もとっても元気なので(笑)、
前向きに頑張っていきたいとおもっています。
コメントありがとうございました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohapillon.blog62.fc2.com/tb.php/29-c79d4fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みみなしぱぴよん «  | BLOG TOP |  » かわいいポイント

プロフィール

リツ

Author:リツ
飼い主。極度の親ばか。
ブログ開設時は見事にニートでしたが
何年か遅れで、無事大学生になります(._.)

おはぎ:パピヨン♀
2009年5月6日生まれ
2009年7月11日に我が家へ。
2013年4月、飼い主と一緒にお引越し。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
おはぎ日記 (40)
おはぎの健康 (5)
しつけ教室 (2)
その他 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。